EC-CUBE(2.13系~)の商品数量毎に送料が掛かる設定


EC-CUBEでカートの中の商品数分の送料を実装する。
(商品1個が大きかったり重かったりして、商品1個毎に送料が掛かる場合を想定)
※例えば、A商品を3つ、B商品を2つ購入した場合には「配送業者別の送料×5」が掛かる時。

/data/class/SC_CartSession.php
を変更。

        if (OPTION_DELIV_FEE == 1
            && !SC_Utils_Ex::isBlank($deliv_pref)
            && !SC_Utils_Ex::isBlank($deliv_id)) {
            $results['deliv_fee'] += SC_Helper_Delivery_Ex::getDelivFee($deliv_pref, $deliv_id);
        }

上記の部分を・・・

        // 配送業者の送料を加算
        if (OPTION_DELIV_FEE == 1
            && !SC_Utils_Ex::isBlank($deliv_pref)
            && !SC_Utils_Ex::isBlank($deliv_id)) {
        	$cartItems = $this->getCartList($productTypeId);
        	foreach ($cartItems as $arrItem) {
            $results['deliv_fee'] += SC_Helper_Delivery_Ex::getDelivFee($deliv_pref, $deliv_id) * $arrItem['quantity'];
        }
	}

とする。
「 $cartItems 」~の部分で商品の数量を取得して、最期に 「 $arrItem['quantity'] 」を乗じることで配送業者毎の送料に数量分が掛け合わされて計算ができる。

Be Sociable, Share!

さくらインターネットでのduplicatorプラグイン


さくらインターネットではWordpressのduplicatorプラグインを使って、
「Instaler」と「Archive」作成までは成功するのですが、そのファイルをダウンロードしようとすると、
Internal Server Errorが出る。

これを解決するには・・・

WordPressインストールディレクトリ内、「wp-snapshots」ディレクトリの中の「.htaccess」を削除(リネーム)すればOK。

Be Sociable, Share!

カテゴリごと別々に《single.php》のデザインを変えたい場合


投稿した記事(単一の記事)毎に別のsingle.phpを適用したい!

っと言うわけで、例えば、

「wordpress」と「css」のカテゴリがあったとして、それらのカテゴリに属した記事を表示させる時に、各々別のデザインを適用させたい場合の話。

「single.php」は「page.php」みたいに「page-1.php」とかの名前をつけてテンプレートを増やしていくことができないので、「single.php」自体に条件分岐を設けて、その条件に応じて別のテンプレートを読み込むようにしてこの動作を実現させます。

まず、カテゴリ(x)の時に適用するテンプレート(single-1.phpとしましょう)と、カテゴリ(y)の時に適用するテンプレート(single-2.phpとしましょう)を準備します。

そして、single.php自体の内容を下記の通りにします。

<?php
$post = $wp_query->post;
if ( in_category('【カテゴリ(x)のカテゴリID】') ) {
include(TEMPLATEPATH.'/single-1.php');
} else {
include(TEMPLATEPATH.'/single-2.php');
}
?>

さらに複数のテンプレートを適用させたい場合は条件を増やしましょう。
(x,y,z………)

<?php
$post = $wp_query->post;
if ( in_category('【カテゴリID】') ) {
include(TEMPLATEPATH.'/single-1.php');
elseif ( in_category('【カテゴリID】') ) {
include(TEMPLATEPATH.'/single-2.php');
} elseif ( in_category('【カテゴリID】') ) {
include(TEMPLATEPATH.'/single-3.php');
} else {
include(TEMPLATEPATH.'/single-4.php');
}
?>
Be Sociable, Share!

ループ内の記事を古い順にソート


ループ内の記事を古い順に並び替えて抽出する。
ループの前にこれを挿入するだけ。

あーら簡単(^^;


<?php $posts = query_posts( $query_string . '&order=asc' ); ?>

<?php if (have_posts()) : /*(ループ例です) */?>

Be Sociable, Share!

楽天ショップのためのSEO情報

  • 2013年04月03日
  • RMS

買い物かご周りの内容が重要。

楽天は、「商品ページ設定」の「商品個別登録」画面で商品登録を行います。
その際、下記の3箇所に入れる内容が重要です。

・商品名
・キャッチコピー(PC用/モバイル用)
・商品説明文(PC用/モバイル用)

上記3つにいれた内容は、買い物かごの周りに表示されます。
そして、この内容の中に含まれる言葉(キーワード)が楽天市場の検索に使われることになります。

特に、商品名は検索した時の検索結果一覧に表示されます。
商品名を魅力的につけるとクリックしてもらえる率が高まるでしょう。

Be Sociable, Share!